Toggle Menu

漫才を作ってみよう!

Published by Leave a comment

こんにちは。チェーンデスマッチハルキです。

本日はね、素人のワテが漫才、作っていってみたい、言うてますけども。

えぇ〜。ほんでから~。

………。

 

 

…実は私、お笑いが結構好きでして、関西出身ということもあってか昔から漫才師をかっこいいなと思って見ていました。

そしたら最近M1に挑む漫才師たちの密着番組をたまたま見て、更にそのすごさを知ることになりました。

 

 

漫才作るって、すごいかっこええですやん…!

 

 

以前から芸人さんのネタもラジオも好きでよく見ていたのですが、全く別世界に感じて自分も作ってみたいなど思いもしませんでした。

でも、M1に出てる漫才師たちがその一年をかけて何本もライブをこなしつつ珠玉のネタを作っていくのを見て、

漫才ってテレビとか舞台の世界に当然あるものじゃなくて、裏で作り手が時間をかけて形にしてきた創作物なんだ!!!!

って思いましたねん。

 

 

私も作ってみたいですねん…!

ということで、フリもオチも何のことやら分かりませんけどもやってみたいと思います!

 

 

・・・・・・

 

 

~M-1 グランプリ決勝当日~

今日はこの一年全てを投げ捨てて賭けてきたM-1グランプリの決勝…。遂に俺たちはこの大舞台で勝負する日を迎えた…。

ドクン…ドクン…!

チッ、心臓のクソやろう今日は一段と暴れやがる…。

…ヘッ!  どれだけ大舞台だろうと関係ねえな。

いつもどおりだ…。 俺と相方が一番面白いってことを、ーーーーーーーーーーー証明するだけだ。

 

 

〜煽りVTR〜

大阪NSC出身、結成2年目にしてM-1決勝の舞台へ!お笑い飛び級こども大卒!『デイドラの心臓』!

「Entry number 0721, Deidora No Shinzo!!!」

エジカンカンカンカンカンカンカンカン! オッオー! オッオー!

 

 

A: はいどうも〜。『デイドラの心臓』で〜す。

 

 

B: …ねぇ。心臓言うとりますけども

 

 

A: えー、最近はすごいアニメも若者の中でポピュラーなってきてるみたいやね。

 

 

B:アニメ…?あの絵が動くやつか。

 

 

A:…。テレビでの放送も多くなってきてねぇ。

 

 

B:テレビて、あの箱の中に小さき楽団が入ってるやつか?

 

 

A:おい!“異世界から来た騎士(ストレンジ・トラベラー)”やないか!

 

 

B:…ねぇ~、最近は異世界に主人公が転生してしまう異世界モノってのが流行ってますね。

 

 

A:知っとって、ほんで導入やったんかい。

     …えぇ、やっぱり異世界の、剣と魔法の世界ってのは憧れますねえ。

 

 

B:平凡な日常の中から突然転生したりしてな。

 

 

A:えぇ。子供を助けてトラックに轢かれたり、ゲームをしていたらその世界に入ったり。

 

 

B:お前が夜中スマホでエロビデオ見てたらAVの世界に入ったりするんやな。

 

 

A:なんでAVの世界行くねん!

 

 

B:ほんで現場に混ざれんくて顔赤こして立って。

 

 

A:みじめすぎやろ。いや、異世界に行って俺は勇者になりたいねん。

 

 

B:大丈夫大丈夫、大剣みたいな電マ持ってるから。

 

 

A:おい!そんなもん使たら、壊れるやないか!!

 

 

\\ どっ //

~fin~

 

 

オール巨人:70 「想像力が必要やわ。そこで反応が分かれとったね」

上沼:95 「わたし好きやわ……」

志らく: 10 「下ネタが嫌な感じ。立川談志なら10をつけます」

松本人志: 70 (コメントでボケてる)

 

 

脳内で大御所たちにコメントさせた結果、決勝ラウンド進出なりませんでした。

やはり、漫才師の道は長く厳しいようです。

 

 

まだまだですが、もっともっと漫才のちからを磨いていきたいと思います!

それではさようなら!

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA