Toggle Menu

ヴィトゲンシュタイン『ありそうでない言語ゲーム』

Published by Leave a comment

こんにちは。チェーンデスマッチハルキです。

 

 

今日は『ありそうでない言語ゲーム』をしようと思います。

このゲームは、かの有名な分析哲学者ヴィトゲンシュタインが考案したものです。

哲学者ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン

 

 

ルールは簡単。

“ありそうでない〇〇の名前”と言う風にお題が出ますので、

どちらがより「あるある」と思わせる名前を出せるかが勝負になります。

 

 

あなたと私、どちらが本物のあるある探検隊なんでしょうかね。

勝負…しましょうや。

 

 

それでははじめましょうか。生命の“奪い合い”(やりとり)を…。

 

 

 

~~~~~~~ 闇のゲーム開幕 ~~~~~~~

 

 

 

お題①: ありそうでない『インターハイ決勝で当たる強豪校の名前』

 

いくぜ。トップスピードだぜ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー帝門高校

 

 

ドボン‼︎

「ごはっ?!」

 

 

強烈なあるある校名の一撃が、身体の中心にめり込む。

ありえないほどの慣性を体全体に感じながら、後方に大きく吹き飛ぶ。

 

 

「ーーー今の一撃で終わると思いましたかな?

「なッ?!」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー王城学院

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー獅子山高校

 

 

「か…は…….!」(連撃が…止まらねえ…!!)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー寿恩院学園 (っ…! 私としたことが!)

 

 

ドッゴォオ!!

 

「ぐっ……」

「な、なんであいつの方がダメージを…?」

 

 

「簡単なことだニャ~」

 

セシル?!

 

「ヤツはいまのラッシュの最中に誤って

“インターハイ決勝で当たりそうな強豪校名”ではなく、

部活メンバー全員が坊主の、宗教系の強豪校名

を言ってしまった。その反動が来たんだニャ」

 

「間一髪だったぜ…」

 

「でも、ゆっくりはしてられニャいみたいだよ?」

 

舞い起こる爆炎の奥に、ふたたび巨大な影が浮かび上がる。

はっ…。第2ラウンド、開幕だぜ

 

 

 

 

お題②: ありそうでない『地元にある商店の名前』

 

香雲堂(仏具店)」 「スーパー 松尾(スーパー)」

めがねの浦田(眼鏡屋)」 「コミュオ・マート(スーパー)」

スナック 縁(スナック)」 「フードショップ ヤハギ(スーパー)」

 

 

ドガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ

 

 

激しい剣戟の応酬が続く。

 

 

「いい剣戟の速さです。 しかしさきほどからスーパーの店名が目立ちますぞ?」

「ケッ! そいつは忠告ありがてえ…こった!!」

ギィン

 

 

振り抜いた一閃の重さで、相手との間に距離を作ることができた。

正直に言って、レイヴィル卿の方が技量・パワーともに上なのは明らかだ

つまり、このまま剣を合わせ続けての消耗戦は負け筋ということ。

 

 

(…….さて、ここからどうする?)

 

 

 

 

お題③: ありそうでない『みちょぱの芸名の苗字

 

城之内 みちょぱ

増田 みちょぱ

ギィン キンッ

 

 

美濃田(みのだ) みちょぱ

みちょぱ・みちょぱ

ブシュッ!! ザクッ…

 

 

(……くっ!)

 

 

瞬きの間でも気を抜けば圧し潰されそうなレイヴィル卿の剣戟。

それを何とかいなしつつも、次第にその剣先はこちらの体に食い込むようになっていた。

 

 

「理解に苦しみますね…剣聖ジークムントは何故あなたを後継に選んだのでしょうか

――――ッ!

 

 

闘いの最中、もっとも聞きたくなかったその名を突き刺される。

今まで張り詰めていた気迫が、剣を握る指が、熱を失う

 

 

「はは…こんな辺境の貴族のあんたなんかには絶対分かんねえよ。

俺とジークがどれほどの死線をくぐってきたかはな」

 

 

「我々の時代であれば、あなたは初陣で散っていたことでしょうに

 

「うるっせえよ!! 嫉妬してんのか知らねえがもう黙ってろ!」

 

 

激しい怒気が体の中を駆け上がるのを感じる。闘いの恐怖や緊張といったものとは違う、どす黒いものが膨らむ。

こいつはジークに選ばれた俺に嫉妬して醜い当てこすりを寄越してやがる…。

力の差を見せつけて殺す必要があるみたいだ…。

 

 

「とにかくこれからは俺がジークの後を引き継ぐ。

それが信頼された俺の義務だ。あんたなんかに躓いてられないんだよ」

 

 

「これは単純に疑問なのですが…

 剣聖の命との交換で残ったのがあなたでは軽過ぎる、ご自分でそう思われませんかな?

 

 

(っ!!)

「――メギドラオン!!」

 

 

「だめだアキラ!!」(やつに…魔法は……!!)

 

 

怒りの衝動のままに放つ全力の一振りに、魔力を上乗せる。

莫大な量の魔力が変換された熱衝撃波がレイヴィルを捉える。

 

 

果てしなく思えた、濁流のようなエネルギーの奔流がようやく収まった…。

 

 

ーーそれがあなたの切り札だったわけですか

 

 

 

 

 

 

お題④: ありそうでない『歴史上の事件名』

 

…何……….だと……?

すべてが灰燼に帰された光景が広がるはずのそこにはーー。

 

 

何事も起こり得なかったかのように全てが在り、ただレイヴィルの剣の切っ先がこちらに向けられていた。

レイヴィルは構えた剣を寸分たりとも動かさないまま詠唱した。

「ーーーーーーーーーーーーー田島 騒動…」

 

 

次の瞬間、レイヴィルとの間に広がる空間が黒い爆炎に包まれる。

そのわずか数瞬の後よりは、記憶がない….。

 

 

 

~~fin~~

 

暴食の加護を持つレイヴィル卿には魔法攻撃は吸収され、

あるあるの刃しか通じないのです。

 

 

 

【お知らせ】
ブロガーズ・バトルロワイヤル(ブログ村)に参加中です。クリックでご協力お願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

Categorised in: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA