Toggle Menu

【日本の夏 開幕】文学的啓示の能動的獲得のための田園をゆく小旅行

Published by Leave a comment

※この記事は管理人が、8/11~12にかけて、みじかい一人旅に出た際の紀行文です。11日のその日、夏の太陽が歩道につよく照り返しているのを見て、管理人は突如もの狂おしい旅への思いに囚われたのです。文学的インスピレーションを得るために、都心を脱出した田園へと行き先を定めました。さて、今回の記事はそんな衝動的小旅行を記したものになるのですが、ぜひBGMにはラヴェル作曲『亡き王女のためのパヴァーヌ』を聴きながらお読みください。それほどの、内省的でいて旅情をたたえた文章ですので…。

 

 

 

 

「あっちぃ~~~」

ミーーーンミンミンミン!!!!

 

 

この季節の騒がしさはすきだけど、便所が暑すぎるのは困りものだぜ。

真夏のさらに真っ昼間。

 

 

便器に腰を落としたまま、顔はすでに汗だくになっていた。

大量の汗に耐えかねて、俺は雄々しく豪快にペーパーを巻き取った。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

という訳で、昼過ぎに思い立って旅行へ行くことにしました。

行き先は当然、虫と田んぼまみれの田舎の中の田舎です。

 

 

あぁ…どこでもいいから現実から一瞬の逃避をしたい…そう、ぼく夏みたいなところに行きたい…。

(当時ぼく夏の実況動画をYouTubeで見漁っていました。人間って、単純だよね。そこが愛おしいのかもね)

 

 

 

 

そうと決まったので、即座にGoogleMapを起動する。

この間0.2秒。

電波ビンビンである

 

 

何もなくていい…ぼく夏の気配を感じる…

 

 

適当に昼すぎから電車で行けそうな関東田舎の田舎を探し回る。

簡単な作業だ。

GoogleMapで関東全体を俯瞰で見た時、緑色のところにズームしていくだけだからだ。

 

 

安い民宿があったここに決めた

 

 

とりあえず東京駅に来た。こっからはJR一本だ。

…うん?

 

 

 

 

 

乳首まで作ってやがる・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、

ク ソ め ろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

クリックお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

Categorised in: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA